www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 各種開催情報 arrow 過去の開催情報 arrow リスクガバナンス研究会
2017/12/16 Saturday 14:06:10 JST
 
 
リスクガバナンス研究会 PDF プリント メール

リスクガバナンス研究会のお知らせ

― 農業バイオテクノロジーをめぐる科学と政治 ―

英国オープン・ユニバーシティのLes Levidow氏をお招きして、下記の研究会を開催します。ご関心のある方は、ぜひご出席ください。

また、資料等の準備のため、参加される方は、出席の旨、本案内後半の連絡先にお知らせいただければ幸いです。

【日時・会場・報告者】

日時:11月6日(火) 14:00-17:00
場所: 東京大学 山上会館 203号室
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html
報告者: Dr. Les Levidow 
                Senior Research Fellow, Faculty of Technology, Open University

【プログラム】

14:00 - 15:30
「WTOにおける農業バイオテクノロジー論争: 正統性問題としての国際規制」
"The WTO agbiotech dispute: transnational regulation as a legitimacy problem"

15:40 - 17:00
「農業バイオテクノロジーを民主化する?: 欧州における農業バイオテクノロジー評価への市民参加」
"Democratising agri-biotechnology? European public participation in agbiotech assessment"

【報告者について】

Levidow氏は、英国オープン・ユニバーシティの上級研究フェローで、同大学技術学部のバイオテクノロジー政策グループ(Biotechnology Policy Group)のメンバーとして、長年、欧州の遺伝子組換え農作物規制など農業バイオテクノロジー政策に関する第一線の研究者の一人です。これまでに、このテーマに関する数多くの共同研究を行っています。(下記の【参考リンク】参照)

今回の研究会では、WTO(世界貿易機関)における農業バイオテクノロジー貿易論争と、欧州での農業バイオテクノロジーの評価への市民参加に関する研究報告をしていただきます。

【参考リンク】

【連絡先】

東京大学大学院 法学政治学研究科
産学官連携研究員
松尾真紀子
matsuoma[ at ]j.u-tokyo.ac.jp ([ at ]を@に置き換えてください。)
東京都文京区本郷7-3-1
03-5841-1513(直通)

※出席の連絡の際には、下記項目を明記ください。
お名前:
ご所属:
ご連絡先(メールアドレスまたはお電話番号): 


【本研究会について】

「リスクガバナンス研究会」は、日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 「科学技術ガバナンス」プロジェクト(プロジェクト・リーダー:城山英明・東大院法・政)の「日本のリスクガバナンス・システムの実態解明と再構築の提言」(グループ長:平川秀幸・大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)が主宰する研究会です。

 

最終更新日 ( 2007/11/18 Sunday 02:07:05 JST )
 
< 前へ   次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!