www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 各種開催情報 arrow 過去の開催情報 arrow 2008年STS学会初夏シンポジウム
2017/05/27 Saturday 22:49:32 JST
 
 
2008年STS学会初夏シンポジウム PDF プリント メール

2008年 科学技術社会論学会 初夏シンポジウム
地球温暖化対策に向けた研究戦略とコミュニケーションの課題

世話人: 平川秀幸(大阪大学)
塚原東吾(神戸大学)
白楽ロックビル(お茶の水女子大学)

日 時: 2008年6月21日(土)13:00~17:30、懇親会(17:30~19:30)
場 所: お茶の水女子大学 理学部3号館7階701室(東京都文京区大塚2-1-1)
      http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
参加費: 無料
      懇親会費は4,000円

いまや国際政治の第一級の政策課題となった地球温暖化・気候変動問題への対応。洞爺湖で開かれるサミットでも主要議題の一つになっています。

そうした現実政治の動きを批判的に検証し、より有効な対応策を立てていくために不可欠なのが、気候変動を分析・予測する自然科学と、社会経済システムの変革のための分析・提案を行う社会科学の研究です。そして、それらの知見を社会が共有し、行動に効果的に活用したり、広く社会から知恵を集めるためには、社会のさまざまなセクターやアクターのコミュニケーションが必要です。

今回のシンポジウムでは、温暖化問題へのより有効な対応に向けて、今後どのような研究が自然科学と社会科学で必要なのか、社会とのコミュニケーションはいかに進めていくべきかを、幅広い観点から展望します。

プログラム

13:00-13:10 開会の挨拶 科学技術社会論学会会長 平田光司 (総合研究大学院大学) 

13:10-15:00 第一部 基調報告  司会: 塚原東吾 (神戸大学国際文化学部)

13:10-13:20 平川秀幸 (大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)
        「本シンポジウムの全体説明」 

13:20-13:50 江守正多 (国立環境研究所 地球環境研究センター 温暖化リスク評価研究室長)
        「温暖化のリスク評価とリスクコミュニケーションに向けて」

13:50-14:20 蟹江憲史 (東京工業大学大学院 社会理工学研究科)
        「文理融合研究と政策科学の課題-学と政策の狭間で-」

14:20-14:50 柳下正治 (上智大学 大学院地球環境学研究科)
        「GHG大幅削減に向けた政策形成対話の促進」
        ―経済社会のエコロジカルな展開のため、日本社会の環境問題対処
        能力が問われている―

14:50-15:10  質疑応答

15:10~15:30 休憩

15:30~17:30 第二部 討論  司会: 平川秀幸 (大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

 コメンテーターからのコメント
       小林傳司 (大阪大学・コミュニケーションデザイン・センター)
       宗像慎太郎(民間シンクタンク勤務)
       ほか

 総合ディスカッション

17:30~19:30 懇親会(会費は4千円) 生協食堂

備考

  • 当日、学内の食堂・売店はお休みです。地下鉄・茗荷谷駅から会場までの途中にコンビニがあります。飲み物は学内の自動販売機で購入できます。
  • 会場アクセス: お茶の水女子大学 http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
             東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩7分
             東京メトロ有楽町線「護国寺」駅より徒歩8分
             都営バス「大塚二丁目」停留所下車徒歩1分
最終更新日 ( 2008/06/11 Wednesday 23:00:10 JST )
 
< 前へ   次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!