www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 年次研究大会・総会 arrow 第7回年次研究大会・総会(2008年度) arrow 発表予稿集執筆要領
2017/04/27 Thursday 04:43:11 JST
 
 
発表予稿集執筆要領 PDF プリント メール

科学技術社会論学会 2008年度年次研究大会

発表予稿集執筆要領

■ 本年度の予稿集の電子化について

これまで予稿集は、印刷・製本したものをお渡ししてきました。

今年度の年会では、試験的にペーパーレス化・電子化を行い、当学会ホームページにて、年会前に事前公開し、会員各自がダウンロードできる「オンライン予稿集」のみを作成することにしています。(提出していただいた電子ファイルを、年会実行委員会にてPDF化したうえで、公開いたします。)

年会当日は、印刷・製本された予稿集に代えて、プログラムとアブストラクト集をお渡しします。

なおこの措置は、試験的なものであり、来年度以降については、開催校の実行委員会で改めて検討されることになります。  

■ 原稿の様式 

原稿はワープロで、以下の見本ファイルを用いるか、下記の書式様式を参考に書式を独自で設定したうえで、作成してください。

 【書式様式】

  • 用紙の大きさ: A4縦長判
  • 原稿枚数: 一般研究発表 2ページまたは4ページ
  • 余白: 上下左右とも25mm
  • 文字のフォントとサイズ
    • 論題(タイトル):  ゴシック 12pt
    • 著者名: ゴシック 12pt
    • 本文: 明朝系(等幅フォント) 11pt
    • 脚注: 明朝系(等幅フォント) 10.5pt

題目著者名所属機関を原稿の冒頭にはっきりとお書きください。著者が複数の場合、発表者に○印を記してください。

文字フォントは、MS Wordをご使用の場合には、「ゴシック系=MS ゴシック」、「明朝系(等幅フォント)=MS P 明朝」になりますが、他のアプリケーションソフトをご使用の場合は、これらに相当するフォントをご使用ください。

原稿の本文の書式(注、参考文献など)は、原則的に「『科学技術社会論』執筆要領」に 従ってください。

■ オーガナイズド・セッションあるいはワークショップの場合 

オーガナイズド・セッションあるいはワークショップの場合は、

  • オーガナイザーによるセッションあるいはワークショップの趣旨の説明
  • 各発表者の予稿

を(オーガナイザー+発表者の人数)×4を上限とする偶数ページにまとめ、 オーガナイザーより一括して送付して下さい。(各発表者からバラバラに送付 しないで下さいますようご協力をお願いします。)

■ 送付先

作成した予稿の電子ファイルを、電子メールに添付して、下記のアドレスまでお送りください。また添付するファイル名は、下記の様式でお願いいたします。

  •  jssts2008[ at ]cscd.jp ([ at ]を@に変えてください)
  • ファイル名: 発表者姓名(アルファベットで)_STS2008 例: "hirakawahideyuki_STS2008.doc"

備考: 送付エラーを避けるために、予稿ファイルを実行委員会が受け取ってから、3日以内に、受領確認のメールを返信いたします。3日を過ぎても受領確認メールが届かない場合には、再度ファイルの送付をお願いいたします。

■ 締切

2007年8月29日(金) 18時 必着

■ お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、電子メールまたはファックスにてお問合せください。

  • E-mail  jssts2008[ at ]cscd.jp ([ at ]を@に変えてください)
  • ファックス 06-6875-9800 (必ず「平川秀幸宛」と明記してください。)

 

最終更新日 ( 2008/07/29 Tuesday 13:40:16 JST )
 
< 前へ   次へ >
 
Top! Top!