www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 各種開催情報 arrow 過去の開催情報 arrow 「科学技術論」を見直す連続講座
2017/09/21 Thursday 15:47:46 JST
 
 
「科学技術論」を見直す連続講座 PDF プリント メール

「科学技術論」を見直す連続講座 第1期

1990年代後半以降、日本の科学技術論の研究配置の中に「社会技術」を唱導する集団が現れた。その主要な関心は、モード論(社会貢献論)、リスク論(安全・安心論)、科学コミュニケーション論(科学技術への市民参加)、科学技術リテラシー、科学技術者倫理などであり、これらはモード論(社会貢献論)を核にしてつながり、ひとつの構造を成している。そして、「社会技術」の特徴は、社会貢献の対象である「社会」を新しい市民社会へと移動した点にある。しかし、この「新しい市民社会」は「新自由主義的市民社会」の疑いがある。

今回は、科学技術論の日本における展開のひとつである「社会技術」の功罪を考える。

日時 12月5日(金)、12月12日 (金)、12月19日(金) 全3回
各回18:00-20:00

場所 国士舘大学 梅ヶ丘キャンパス 34号館2階会議室 (12日は3階会議室)

講師 木原英逸 (国士舘大学)

テーマ
12月 5日 「社会技術」という問題
12月12日  新しい市民社会と新自由主義
12月19日 「公共(の利益)」の変質

定員がありますので、参加される方は、11月30日までに国士舘大学・木原研究室へ、その旨、お名前、ご所属、お仕事の分野、簡単な参加動機とともにメールをお願いします。

kihara[ at ]kokushikan.ac.jp ([ at ]を@に変えてください)

全3回参加できる方が優先されますが、部分参加も可能ですので、その旨ご連絡ください。

主催 科学技術論研究会

 
< 前へ   次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!