www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 柿内賢信記念賞 arrow 2010年度 arrow 2010年度受賞者の研究経過報告(立花浩司)
2017/06/24 Saturday 12:43:16 JST
 
 
2010年度受賞者の研究経過報告(立花浩司) PDF プリント メール

柿内賢信記念賞研究助成金
2010年度受賞者の研究経過報告

実践賞

課題名

ライフサイエンス分野におけるラボラトリースタディーズの検討
-大学を中心として-

立花浩司(北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士前期課程)


柿内賢信記念賞実践賞を授与いただき,本当にありがとうございました.独自の研究費を持たず,かかる費用すべてを自費で賄う大学院生の私にとって,実践賞の受賞は研究活動の大きな助けとなりました.途中3月に東日本大震災の影響を受け,電力消費の影響が少なくないライフサイエンス分野のラボラトリースタディーズの継続が困難となりましたが,目的は変えずに実現可能な形で手法を見直しました.以下,現時点での報告を致します.

成果の概要

本研究は,当初,日本のライフサイエンス分野の大学研究室において,ラボラトリー=スタディーズの手法により,科学的知の生産過程およびキャリア形成をめぐる若手研究者たちの考えや行動などを明らかにし,研究者集団の今後の実践に貢献することを研究目的としていた.

震災直前の2010年12月から2011年2月にかけて,関東の理系私立大学において,研究発表ゼミの観察およびインタビュー調査を実施した.しかし震災後,計画停電を筆頭とする電力事情の悪化,余震の多発に伴う影響および震災に起因する現職の環境変化等に伴い,平日に職場を離れて行うラボラトリー=スタディーズの手法自体が困難となったため,研究者集団の今後の実践に貢献するという目的は維持しつつ,ポスト3.11の制約条件下で実施可能な手法に方針転換した.

2011年7月には静岡市内で行われたサイエンスカフェ およびアフターカフェ(懇親会)に参加し,東京と京都所在のライフサイエンス系の大学研究室に在籍する博士後期課程の大学院生と意見交換を実施し知見を得た.

2011年9月から12月にかけて,総研大,奈良先端大および本学の学生有志と協働し,大学院生のための異分野交流会「GakuSayNet大学院生交流会 」を企画実施し,活動を通じて(ライフサイエンス系を含めた)大学院生にまつわる問題の抽出と改善に向けた実践を行った.

2011年6月から2012年2月にかけて,研究室運営のヘッドであるPI(principle investigator,大学の場合は教員)を巻き込むことで大学研究室の運営そのものを変えていくことを目標に,「いきいき研究室増産プロジェクトFORUM2012 ?研究室の当事者による,当事者のための「研究室経営論」をつくる?」(http://bit.ly/xXFj8w)を企画実施した.

研究発表ゼミの観察およびインタビュー調査で得られた知見は2011年7月でのカフェでの発言に生かし,その後「GakuSayNet大学院生交流会」および「いきいき研究室増産プロジェクトFORUM2012」における実践活動に反映させている.

途中経過は,2011年度において研究・技術計画学会,科学技術社会論学会および知識共創フォーラムにおいて報告を行った.

引き続き,「GakuSayNet大学院生交流会」の活動を拡張し,ライフサイエンス分野における科学的知の生産過程の価値共創を考えるための勉強会を開催することによって実践につなげていくとともに,次回「GakuSayNet大学院生交流会」にも関与することによって大学院生の考えや行動を実際の活動を通じて観察していくことを考えている.

今後の経過についても,科学技術社会論学会等の学会発表の他,修士論文の形でまとめ,本学のリポジトリから公開し誰もが自由に閲覧し利活用できるようにしたい.

口頭発表等

  • ライフサイエンス系大学研究室における知識創造
    第2回 知識共創フォーラム  2012年3月  知識共創フォーラム実行委員会
  • ライフサイエンス分野における研究室教育-多様な人材育成の観点から
    科学技術社会論学会 第10回年次研究大会  2011年12月 科学技術社会論学会
  • ライフサイエンス系の研究室教育における人材育成の課題抽出
    研究・技術計画学会第26回年次学術大会  2011年10月  研究・技術計画学会
  • これからのライフサイエンス研究のありかたを考える
    STS Network Japan 夏の学校2011「ポストゲノム時代のSTS」 
    2011年8月  STS Network Japan
最終更新日 ( 2012/07/11 Wednesday 17:21:53 JST )
 
< 前へ   次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!