www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 各種開催情報 arrow 過去の開催情報 arrow 年会公開企画「名古屋⼤学におけるジェンダー平等のための取り組み」
2022/12/07 Wednesday 04:32:22 JST
 
 
年会公開企画「名古屋⼤学におけるジェンダー平等のための取り組み」 PDF プリント メール

科学技術社会論学会 第20回年次研究大会

科学技術社会論学会 名古屋大学実行委員会企画のお知らせ

名古屋大学におけるジェンダー平等のための取り組み:女性研究者採用・育成

近年の国際的な科学技術・イノベーション政策においては、ジェンダー平等の取り組みが重視されるようになっています。第20回年次研究大会の開催校となった名古屋大学は長きにわたり男女共同参画推進の取り組みを行っており、2015年には国連機関UN Womenによる女性の権利と男女平等を支援する事業「HeForShe」を推進する「世界の十大学」に日本で唯一選出された実績を持ちます。また、独自の女性研究者採用・育成支援プログラム等を実施し、とりわけ理工系では順調な成果をあげています。これらの取り組みについて、同大学副総長(多様性・男女共同参画担当)である束村博子教授からお話を伺います。

本イベントは、広く学会員以外の方々にも公開いたしますので、皆様奮ってご参加下さい。また、この次の時間帯(14:20~16:20)に開催される20周年記念プログラム「次の20年に向けて-STSとイノベーション」と同一のURLを使用しますので、ご関心のある方はそちらも是非ご参加下さい。

《実施要領》

開催日時:2021年12月4日(土)12:50~14:10
(科学技術社会論学会第20回年次研究大会の初日)

開催方法:オンライン開催(詳細は告知します)

参加費:無料

プログラム:

12:50 実行委員会による趣旨説明

12:55〜13:55 

記念講演「組織活性化戦略としてのジェンダー平等—名古屋大学の取組紹介—」
束村 博子教授(名古屋大学・副総長[多様性・男女共同参画担当、前男女共同参画センター長])

13:55〜14:10 質疑応答

司会進行:戸田山 和久(名古屋大学)

--------------------------------------------------

参加について:

《本学会会員の方》

第20回年次研究大会にご参加の場合、予稿集に接続先ZoomのURLが記載されておりますので、そちらからアクセスをお願いいたします。大会には参加せず、本企画のみを視聴される場合は下記URLより登録をお願い致します。

《非会員の方》

以下のリンクから12月2日(木)18:00までにご登録をお願いします。尚、参加者数が500名に達した場合、学会員を優先とし12月2日より前に登録を締め切らせて頂く場合がございますので、ご了承下さい。

登録用リンク先URL:https://forms.gle/pQ76qm9N1LrwsLgM9

ご不明な点がございましたら、 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい (STS学会第20回年次研究大会実行委員会)までご連絡下さい。

最終更新日 ( 2022/07/28 Thursday 18:28:28 JST )
 
< 前へ   次へ >
 
Top! Top!