www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 各種開催情報 arrow 過去の開催情報 arrow お茶の水女子大学ジェンダー研究センター夜間セミナー
2017/05/30 Tuesday 10:18:39 JST
 
 
お茶の水女子大学ジェンダー研究センター夜間セミナー PDF プリント メール

お茶の水女子大学ジェンダー研究センター(IGS)主催 第21回夜間セミナー
COE「ジェンダー研究のフロンティア」C1/2/5共催

ジェンダーとテクノサイエンス 
Gender and the Politics of Technoscience

ジュディ・ワイスマン Judy Wajcman

お茶の水女子大学ジェンダー研究センター外国人客員教授/オーストラリア国立大学教授

開催日: 2006年10月3日、10日、17日、24日、11月14日(全回火曜日)
時間:6:30~8:45pm
開催場所: お茶の水女子大学理学部3号館701室
日英通訳付き


お茶の水女子大学ジェンダー研究センター(IGS)は、2006年9月から2006年11月まで、オーストラリア国立大学(ANU)のジュディ・ワイスマン氏を客員教授としてお迎えすることになりました。

ワイスマン教授は、ANUのほか、London School of Economics研究員、ハーバード大学、スウェーデンのルレラ工科大学、スイス連邦工科大学、ウィーン大学、オックスフォード大学インターネット研究所などの客員教授を歴任し、オーストラリアと欧米の研究機関を中心に精力的な研究活動を繰り広げています。

氏の専門は社会学ですが、テクノロジーと社会に関わるジェンダー分析という研究領域においては、先駆的な存在です。The Social Shaping of Technology(共編著、1985)を皮切りに、著書Feminism Confronts Technology(1991)、およびTechnoFeminism(2004)では、テクノロジーとフェミニズムの研究を本格的に展開しました。また、1998年に刊行したManaging Like a Man: Women and Men and in Corporate Managementや最新の著書、The Politics of Working Life (共著、2005)では、テクノロジーの変化と働く場所の変化に伴う、男女の関係やアイデンティティについて考察しています。

今回、ワイスマン教授は「ジェンダーとテクノサイエンス」というテーマのもとに、5回連続の夜間セミナーを行います。氏の研究は、社会科学、人文科学、科学技術を専門とする研究者にとって興味深く、示唆に富むものであると同時に、雇用現場の経営及び労働に従事する方たちにも有益なものとなりえると思われます。大学内外に開かれたセミナーですので、皆様ふるってご参加ください。

■第21回夜間セミナー実行委員会■

舘かおる、小川眞里子、柘植あづみ、椎尾一郎、高橋さきの、水島希、三村恭子、横山美和

■事務局■

林奈津子、岸野幸子、飯田伸彦


各回の内容

詳細はhttp://www.igs.ocha.ac.jp/igs/wajcman/wajcman.htmlをご覧ください。

◆第1回:『ジェンダーとテクノサイエンスのポリティクス』

開催日:10月3日(火)
コメンテーター:村上陽一郎(国際基督教大学教授)
司会: 舘かおる(本学教授)

◆第2回:『社会によるテクノロジーの形成』

 開催日:10月10日(火)
コメンテーター:林真理(工学院大学助教授)
三村恭子(本学D1、COE研究員)
司会:柘植あづみ(IGS客員教授、明治学院大学教授)

◆第3回:『テクノロジー、仕事、男らしさ』

開催日:10月17日(火)
コメンテーター:小倉利丸(富山大教授)
水島希(COE PD研究員)
司会:舘かおる(本学教授)

◆第4回:『コンピュータ文化-サイバースペースで生きる方法-』

開催日:10月24日(火)
コメンテーター:豊福 剛(翻訳家)
千田麻理子(本学大学院M2)
司会:根村直美(COE客員研究員、日本大学助教授)

◆第5回:『テクノフェミニズム-ワイヤレス世界の専門知とエージェンシー-』  

開催日:11月14日(火)
コメンテーター:高橋さきの(翻訳家、IGS研究協力員、COE研究協力者)
司会:舘かおる(本学教授)

<夜間セミナー要項>

◆開催場所:全回とも6:30pm~8:45pm お茶の水女子大学(理学部3号館701室)
◆使用言語:講義は英語。日英通訳つき。
◆参加費:1回につき500円(配布資料代を含む)
◆交通機関:丸の内線茗荷谷駅、もしくは有楽町線護国寺駅から徒歩10分

IGSホームページ左側のメニューにて、大学までの案内図および大学内の地図が掲載されております。ご参照ください。大学構内入校の際、正門と南門にて身分証明書の提示をお願いすることがあります。ご協力の程よろしくお願い致します。

◆申し込み方法

なるべく事前にお申し込みをいただけると幸いです。申し込みは、お茶の水女子大学ジェンダー研究センターのHP(http://www.igs.ocha.ac.jp/igs/wajcman/wajcman.html)よりファックス送信用フォーマット(FaxIGS.pdf)をダウンロードの上、ご利用ください。
E-mailにてお申込みになる場合は、お手数ですが、上記申込書の項目を参考にして氏名・連絡先等をお知らせください。申し込みに関してこちらから確認のご連絡は行っておりません。

◆申し込み先:

国立大学法人 お茶の水女子大学ジェンダー研究センター 夜間セミナー事務局 宛
住所 :〒112-8610 文京区大塚2-1-1
Fax: 03-5978-5845 
URL: http://www.igs.ocha.ac.jp/ 
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい
(件名に「夜間セミナー参加」と明記してください)

最終更新日 ( 2006/11/17 Friday 04:14:41 JST )
 
< 前へ   次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!