www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 各種開催情報 arrow 過去の開催情報 arrow STS学会シンポジウム2007
2017/11/19 Sunday 10:26:39 JST
 
 
STS学会シンポジウム2007 PDF プリント メール

科学技術社会論学会シンポジウム

科学研究における「不正」の構造

ポスター(PDF321KB)

日程・時間: 6月2日(土)13:00~17:30
場所: お茶の水女子大学 理学部3号館 7階
     http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
参加費: 無料

※ 注記: 土曜日はお茶の水女子大学への入構は正門からのみとなります。またその際、警備室に身分証明証の提示を求められることがありますので、ご留意ください。

近年データの捏造や研究費の不正使用などの問題が多く生じています。また先日、日本学術会議では「科学者の行動規範」がまとめられました。

今回のシンポジウムでは、そういった動向も踏まえて、科学技術社会論的な観点からこの問題にアプローチをしてみたいと考えています。ぜひ非会員の方にも参加していただき、議論に加わっていただきたいと思います。

プログラム

13:00-13:10  STS学会会長 平田光司(総合研究大学院大学) 開会の挨拶

第一部 13:10-15:00

司会: 中村征樹(科学技術政策研究所)

13:10-13:20 全体説明 中村征樹
13:20-13:50 蔵田伸雄 (北海道大学文学研究科)
        「不正の構造-なぜ捏造や不正は生じるのか」
13:50-14:20 村松秀 (NHK)  「頻発する論文捏造:いま、科学界に問われる課題とは」
14:20-14:50 菱山豊 (文部科学省ライフサイエンス課)
        「日本学術会議・「科学者の行動規範」について」
14:50-15:00  前半部質疑応答

休憩 15:00-15:20

第二部 ディスカッション(15:20-17:15)

司会: 柄本三代子(東京国際大学人間社会学部)

15:20-16:00 コメンテーターからのコメント
 コメント1 栃内新(北海道大学理学研究院)
 コメント2 大隅典子(東北大学医学系研究科)
 コメント3 平田光司(総合研究大学院大学葉山高等研究センター)
 コメント4 小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

総合ディスカッション 16:00-17:15

閉会の挨拶  白楽ロックビル(お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科)

引き続いて懇親会

最終更新日 ( 2007/06/07 Thursday 22:44:30 JST )
 
< 前へ   次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!