www.mamboteam.com
科学技術社会論学会 (Japanese Society for Science and Technology Studies)  
Home arrow 年次研究大会・総会 arrow 第13回年次研究大会・総会(2014年度) arrow 第13回年次研究大会 発表申込・予稿執筆要領・プログラム
2017/09/21 Thursday 17:53:29 JST
 
 
第13回年次研究大会 発表申込・予稿執筆要領・プログラム PDF プリント メール

第13回年次研究大会・総会(2014年度)のご案内
発表申し込み・予稿提出について

※ 年次研究大会への事前参加登録は終了しておりますが、当日も受付いたします。当日参加の場合の参加費および懇親会費については「1. 概要」に掲載の表をご覧ください。

科学技術社会論学会
第13回年次研究大会実行委員会

第13回年次研究大会・総会(2014年度)を以下のように開催いたします。会員の皆さまにおかれましては、積極的なご発表・ご参加をお願い申し上げます。

理事会の決定に基づき、「セッション種別」と「非会員登壇者の大会参加費用」について、前年度より大きく変更となっております。長文にはなりますが、本発表・申込要領について、最後まで一読くださいますようお願い致します。

1. 概要

日程:        2014年11月15日(土)〜16日(日)
会場:        大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市待兼山町1-16)
主催校:    大阪大学

実行委員長:平川秀幸(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

大会実行委員:加藤和人、神里達博、小林傳司、中村征樹、森田敦郎、八木絵香、山中浩司、山内保典

大会申込HP:https://www.bunken.org/jssts/conf2014/personals/login

参加費(当日参加): 下表をご覧ください。

会員種別参加費
懇親会費
正会員 6000 6000
学生会員
 3000 3000
機関会員 6000 6000
非会員
 8000 6000
非会員(学生) 3000 3000
非会員(大阪大学生)
 2000 3000
非会員(大阪大学関係者)
 2000 5000
OS非会員登壇者
 6000 6000
OS非会員登壇者(学生)
 3000 3000

 * OS = オーガナイズド・セッション

2. 会場アクセス

会場への地図 (PDF460KB)

3. プログラム

プログラム : 発表題目含む詳細版  (PDF246KB)

タイムテーブル   (PDF100KB)

各セッションの座長担当者の割り当てを除いて、これでプログラムおよびタイムテーブルは最終版とさせていただきます。

4. インターネット中継

15日(土)17:00-18:30開催の特別セッション「中山茂氏の現代日本の科学・技術・社会研究の諸相(中山茂追悼セッション)」をインターネットで中継いたします。中継用のUSTREAMのチャンネルは以下のURLでご覧になれます。

http://www.ustream.tv/channel/jssts

5. 発表者のみなさまへのお願い ― 発表時間と使用可能機材について

  • 一般発表は、一人あたり30 分(発表20 分、討論10 分)を基本としますが、詳細は座長の判断にお任せしています(先に発表を各自20分で全員行ったあと、まとめて質疑応答・討論を行うなど)。
  • オーガナイズド・セッションにつきましては、オーガナイザーの方に運営を一任いたします。 
  • 各会場にはコンピュータ(Windows 7, Mac OS X 10.8.5)とプロジェクターを用意してありますが、ご自分のコンピュータを使用することもできます。
  • 会場に用意されたコンピュータにはPowerPointがインストールされています。PowerPointのバージョンは、Windows版は2010または2013、Mac版は2011ですので、拡張子が".pptx"のファイルも利用可能です。
  • 配付物等のコピーは、各自でお願いいたします。年会実行委員会ではお引き受けできません。コピー施設は、8日は学内の生協またはコンビニエンスストアを、9日はキャンパス外のコンビニエンスストアをご利用下さい。阪急石橋駅近くにセブンイレブン、キャンパス東側(グラウンド横の通路を抜けたところ)にファミリーマートがあります。

6. 16日(日曜日)の昼食について

  • 大会2日目(16日、日曜日)は、大学キャンパス内の食堂が営業しておりません。そこで弁当(お茶付き、1000円)を販売いたします。弁当の購入を希望される方は、15日中に「弁当受付」にてお申込み下さい(数に限りがあります)。
  • その際、「領収書、兼、引換券」をお渡しします。16日に弁当をお渡しする際、確認をさせて頂きますので、紛失しないようにして下さい。
  • 日曜日営業の飲食系店舗の地図情報はこちらを御覧ください。
    http://jssts.jp/annualmeeting/2014/sts2014fullprogram.pdf

 

7. 重要な日程

発表申込・予稿提出・参加申込等の日程(予定)は、次の通りです。

  • 発表・参加申込要領の公示:             6月27日(金)
  • 発表申込受付・参加予定調査開始(WEB):        同上
  • 発表予稿執筆要領の公示:                同上
  • 発表申込締め切り:                8月8日(金)
  • 大会プログラム暫定版の公示:             8月中旬
  • 予稿締め切り:                     9月1日(月)
  • 事前参加申込締め切り:                 10月20日(月)

8. 発表申し込みについて

申込締め切りは、8月8日(金)です。

締め切り後の申し込みについては、受理いたしかねますので、何卒ご協力をお願いいたします。

いずれもWebフォームからお申し込みください。

<発表申し込み要項>

発表には2つのスタイルがございます。

  •  一般講演
  • オーガナイズドセッション

ご発表の申し込み後、すべて審査がございますので、その点、予めご承知おきください。

なお理事会の決定に基づきまして、今年度からオーガナイズドセッション(OS)とワークショップセッション(WS)がOSに統一され、非会員であってもOSに登壇することが可能となりました。それに伴い、登壇者(非会員)からも、会員と同額の大会参加費をお支払いいただくことになりましたので、御了承ください。

注意事項1:

一般講演は、正会員・学生会員・機関正会員のみに発表の資格があります。連名の場合には、登壇者だけでなく、全員にこの資格が必要となりますので、ご注意ください。

注意事項2:

オーガナイズドセッションは、予めセッションの発表者をまとめて代表者(正会員・学生会員・機関正会員)にお申し込みいただくセッションです。

オーガナイズドセッションには、非会員の登壇が認められています。

また、発表・質疑応答という形式ではなく、いわゆる「ワークショップ」形式で、オーガナイズドセッションを実施する場合には、個別に大会事務局へお問い合わせください。ワークショップ用の部屋の準備もございます(詳細は要調整)。

注意事項3:

発表お申し込みは、プログラム編成の都合上、

  • 「一般講演:登壇者として一回限り」
  • 「オーガナイズドセッション:登壇者(コメンテーターとしても含む)として一回限り」

とさせていただきます。

また、正会員・学生会員・機関正会員は、上記とは別に、セッションオーガナイズ(登壇なし)も1回までは認められています。

注意事項4:

このたび、理事会の決定に基づきまして、長期の会費滞納によって退会扱い等となっている方は、登壇が認められないこととなりました。ただし、発表申し込み締め切り日(8月8日)までに滞納分の会費を納入いただき、また規定の大会参加費を納めていただいた場合は、登壇可能となります。

注意事項5:

暫定プログラムが公開された時点で、プログラムに掲載された会員については参加申し込みの意思を示されたとし、当日ご欠席の場合でも大会参加費を請求させていただくことがございますので、予めご承知おきください(その場合は予稿集を大会終了後郵送いたします)。

注意事項6:

現在、非会員で一般講演での発表をご希望の方は、発表申し込み締め切り日(8月8日)までに、入会手続き(→http://jssts.jp/content/view/23/29/)を行ってください。

手続きを行っていない場合は、発表申し込みを取り消されたものとして取り扱わせていただきますので御了承ください。ただし、オーガナイズドセッションには非会員のままでも、会員と同額の参加費をお支払いいただくことで登壇可能になります。

9. 予稿執筆要領

予稿は下記の要領でご提出ください。

  • 一般講演の予稿につきましては、2頁にまとめて下さい。
  • オーガナイズドセッションにつきましては、全体で(発表者+1)×2頁以下の偶数ページにおさめてください。
  • 図表等を加える場合にも、規定のページ内に収まるように貼り込んでください。
  • 印刷は白黒で行います。カラー写真や色つきの図等を貼り込まれる場合には、その点にご注意ください。
  • オーガナイズドセッションにつきましては、代表者がまとめてご提出ください。

<予稿のテンプレート(MS Wordファイル)>

 

10. 発表者予稿の提出について

<予稿の提出について>

一般講演・オーガナイズドセッションともに、予稿は、発表申込みの際と同じWebシステムからログインして、ご提出ください。システムのURLは下記の通りです。

https://www.bunken.org/jssts/conf2014/personals/login

また、今年度よりオーガナイザーによる招待者の予稿投稿及び修正が可能となっております。原稿提出の際は、なるべくまとめてご提出を頂きますようお願い致します。

予稿提出締め切りは 9月1日(月)です。締め切り後にお送りいただいた予稿については、受理いたしかねますので、何卒ご協力をお願いいたします。

なお、提出に際しましては、下記の情報もあわせてご提出下さいますようお願いします。

不明な点がございましたら、下記メールアドレスまでご連絡下さい。

Email:sts-desk【あっと】bunken.co.jp

※【あっと】は@で置き換えてください。

※ 予稿提出方法をメール提出からwebシステムでの提出に変更いたしました。ご混乱を招き、お詫び申し上げます(8月26日)。

<一般講演の場合>

タイトルに一般講演予稿と記した上で、発表申込時の

  • タイトル 
  • 代表者名
  • 代表者所属
  • 代表者連絡先e-mail
  • 同telまたはfax(任意)

を本文に記載して、予稿を送付して下さい。

<オーガナイズドセッションの場合>

オーガナイザーが取りまとめの上、タイトルにオーガナイズドセッションと記した上で、発表申込時の

  • オーガナイズドセッション名
  • オーガナイザー名
  • オーガナイザー所属
  • オーガナイザー連絡先e-mail
  • 同tel,またはfax(任意)

を本文に記載して、予稿を送付して下さい。

11. 託児サービスのご案内について

今年度の学会では、イベント託児の専門会社である株式会社アルファコーポレーションと契約して、託児室を運営することを計画しています。託児室は学会会場と隣接する建物に設置し、運営に際しては、学会から一部費用を援助する予定です。

○利用可能期間
  2014年11月15日(土)        9時〜18時
  2014年11月16日(日)        9時〜17時

○対象
  原則として、未就学児。定員5名程度

○料金(個人負担分)
  11月15日(土) 1日あたり 4500円〜7200円(目安)
  11月16日(日) 1日あたり 4000円〜6400円(目安)

※現段階では、利用時間にかかわらず、1日あたりで料金を設定しています。

料金は、利用者の人数と年齢(月齢)により変動します。また希望者が多数の場合には、ご希望に添えない可能性があることを御了承下さい。

託児を希望される方は、8月8日(金)【発表申込締切日】までに、下記の情報を大会事務局(八木・山内)までお送り下さい。詳細については、個別に相談させて頂きます。

  • 託児を希望する日付と時間帯(時間帯については、終日・午前のみ・午後のみ・発表時間帯のみなど、目安をお書き下さい。詳細は別途調整。)
  • 託児を希望するお子様の年齢(月齢)と性別
  • 特に注意を要する事項(アレルギーなど)

12. お問い合わせ・連絡先

<e-mailの場合>

大阪大学コミュニケーションデザイン・センター

 八木絵香ekou【あっと】cscd.osaka-u.ac.jp

大阪大学全学教育推進機構

 山内保典 yamanouchi【あっと】celas.osaka-u.ac.jp

※【あっと】は@で置き換えてください。

<郵送の場合>

〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16
科学技術社会論学会第13回年次研究大会実行委員会事務局 八木宛

<FAXの場合>

Fax: 06-4865-0121
科学技術社会論学会第13回年次研究大会実行委員会事務局 八木宛

以上

最終更新日 ( 2014/11/15 Saturday 12:35:53 JST )
 
次へ >
ニュースブログ最新記事
 
Top! Top!