沿革・会員数の推移

沿革

2022年1月11日 学会ウェブサイトリニューアル
2021年12月4日 学会20周年記念国内シンポジウム「次の20年に向けて:STSとイノベーション研究」をオンラインで開催
2021年9月23日 学会20周年記念国際シンポジウム「JSSTS 2021 and Beyond – 科学技術と社会を再考する」をオンラインで開催
2019年4月1日 調麻佐志(東京工業大学)、第7代会長就任(~2期・2022年3月末)
2017年4月1日 柴田清(千葉工業大学)、第6代会長就任(~1期・2019年3月末)
2013年11月16-17日 第12回年次研究大会を、East Asian STS Networkと同時(15-16日)に東京工業大学大岡山キャンパスにて開催
2013年4月1日 藤垣裕子(東京大学)、第5代会長就任(~2期・2017年3月末)
倶進会の公益法人化に伴い、柿内賢信記念賞は倶進会で直接運営し、本学会が協力する形式へ変更
事務局業務を(株)国際文献社に委託(~現在に至る)
学会ウェブサイトに会員専用ページ(マイページ)を設置
2011年12月4日 学会10周年記念講演会「社会の中の科学技術を問い直す」を京都大学吉田南キャンパスで開催
2010年10月14日 学会ウェブサイトURLを変更
2010年10月9日 科学技術社会論学会ニュースブログを開設(~2022年1月)
2010年8月25-29日 第9回年次研究大会を、Society for Social Studies of Science(4S)と合同で東京大学駒場Iキャンパスにて開催
2009年4月1日 中島秀人(東京工業大学)、第4代会長に就任(~2期・2013年3月末)
事務局業務をACNetに委託(~2013年3月31日)
2007年4月1日 平田光司(総合研究大学院大学)、第3代会長に就任(~1期・2009年3月末)
2006年2月27日 学会ウェブサイトURLを変更
2005年11月13日 第1回柿内賢信記念賞授与式(財団法人倶進会より委託を受け当学会中心で運営。以後毎年実施)
2003年4月1日 塚原修一(国立教育政策研究所)、第2代会長に就任(~2期・2007年3月末)
2002年11月 『科学技術社会論研究』第1号発行(以後、基本的に年1回発行)
2002年11月16-17日 第1回年次研究大会を開催(以降毎年開催)
2001年10月13日 学会ウェブサイトの運営を正式に開始
2001年10月7日 科学技術社会論学会(Japanese Society for Science and Technology Studies)設立
小林傳司(大阪大学)、初代会長に就任(~1期・2003年3月末)
設立総会・記念講演会を東京大学で開催

会員数の推移

  合計 正会員 学生会員 購読会員 機関会員
2022年度
2021年度 465 399 55 10 1
2020年度 447 389 48 9 1
2019年度 435 378 48 8 1
2018年度 426 373 45 7 1
2017年度 461 401 52 7 1
2016年度 470 402 60 7 1
2015年度 466 400 59 6 1
2014年度 492 411 72 8 1
2013年度 496 414 73 8 1
2012年度 510 424 75 10 1
2011年度 527 423 90 13 1
2010年度 611 501 94 15 1
2009年度 606 498 90 17 1
2008年度 589 498 74 16 1
2007年度 566 469 82 14 1
2006年度 550 464 70 16 0
2005年度 508 430 62 16 0
2004年度 480 423 43 14 0
2003年度 462 412 39 11 0
2002年度 406 378 22 6 0
2001年度 320 310 9 1 0

※各年度末の値